プジョー富山
 

スタッフブログ

前へRelated次へRelated
サービスランプ・スパナマーク
カテゴリー
プジョーについて
スタッフ
川﨑 貴志 [拠点長]
[2019/05/08]
IMG_0514.jpg
59679451_2254148794849451_1263772677781323776_n.jpg


☆サービスランプand🔧マークについて

いつもありがとうございます。
本日はプジョー特有の機能について、
また、その初期化方法についてご案内します。


プジョーは、新車からの乗り始め、または前回の車検点検時から
(点検車検入庫時にサービスランプや🔧マークが点灯していて、
プジョーサービス工場にて初期化を行った場合に限ります)
距離で1万キロほど、期間で一年ほど経過いたしますと、
メーターパネルにserviceの表示や、🔧のマークが表示されます。

世界的にみますと日本と異なり、法定点検、車検のない国が多いです。



そのため、定期的にこの表示を出すことによって、
「そろそろサービス工場に入庫くださいよ」と
車がユーザー様へお知らせする機能であります。

この表示が出た際に、いつもと車の動作状態が変わらなければ、
お知らせだと思って頂けますと良いかと思います。


表示が出た際には、ユーザー様ご自身の手でも、
簡単に初期化が可能です。

過去のプジョー206や307の頃より、
最新のスマートキー採用のプジョーまで基本的にやり方は同じですので
一度覚えて頂きますと、ずっとご自身の手によって対応可能になります。


⑴エンジンを切る
⑵メーターパネル内のodoリセットボタンを押し続ける
⑶⑵のボタンを押し続けながら、
エンジンがかかる一段前のイグニッションONまで作動させる。
スマートキーの車両の場合は、
フットブレーキを踏まずにスタートボタンを押せばイグニッションONになります
⑷メーターパネル内に、🔧マークと10の数字が表示され(写真では3や0となっているところに10が表示されます)
10の数字が0までカウントダウンを始める。
⑸数字が0になれば初期化完了。
サービスランプも🔧マークも消えます。


大変長くなりましたが、プジョー車特有の操作として、
豆知識にして下さりますと幸いです。


詳しい画像は、facebookにも掲載しておりますので
ぜひご覧ください。